松山英樹 フェニックス・オープンbyTPCスコッツデールツアー情報

松山英樹 フェニックス・オープン by TPCスコッツデール2016第2戦ツアー情報と最新のゴルフニュースの話題です。

このフェニックスオープン昨年は優勝争いを演じて2位と相性抜群のスコッツデールですが、今年はどうでしょうか?

ギャラリーの動員も全米屈指の大会で魅せてくれるか、優勝オッズは4位!

スポンサーリンク

今週の松山英樹はウェイスト・マネージメント・フェニックスオープンです。

2016年の第2年のフェニックス・オープンがアリゾナ州の

「TPCスコッツデール」

で2016年2月4日から開催されます。
この大会は全米PGAツアーでも屈指の観客動員数を誇る人気の大会です。

先週の「ファーマーズ・インシュアランス・オープン」ではまさかの1打及ばずの予選落ちでしたが、今週の

「フェニックス・オープン」

ではもちろん巻き返しと本人相当な入れ込みかと思います。
世界ランキング17位が予選落ちで19位に落ちてしまったのですから期するものがあるでしょう。

さてこの大会は昨年の松山英樹の成績は最後まで優勝争いに絡んだ2位。
その前の年も4位と相性のいい大会となっています。

優勝オッズも4番手となかなか高オッズですね。

この大会には石川遼も参戦。
しかし日本のメジャーチャンピオンが2試合連続で予選落ちではちょっと・・
石川君何とかしてくださいよ~~~

TPCスコッツデールはどんなコース?

アメリカのアリゾナ州スコッツデールにあるゴルフ場です。
TPCを冠するゴルフ場は全米に 30ほどコースがあるようですがそのうちの一つで、アリゾナ州のゴルフ場でトップ10に入っているコースのようです。

tpc1

コースは2コースあってスタジアムコーストチャンピオンコースです。

フェニックスオープンはスタジアムコースで行われるようですね。
チャンピオンコースは2007年に増設されたコースのようです。

名物ホースは16番のパー3、それと11番のパー4の469ヤードも最も難しいと評されるホールのようです。

振り返ると1997年のフェニックスオープンで16番でタイガーウッズがエース、ホールインワンを達成しました。

この大会には一週間で50万人を動員するといいますから驚きです。
本当にそんなに見に来るの?
ってほんとうらしいのですが、今年はどうでしょうか?

前述の16番ではギャラリーが酒をに見ながら叫ぶんだそうですが、まあ盛り上がるんでしょうねえ・

松山英樹フェニックス・オープンbyスコッツデール第一ラウンドの結果

さてやってくれましたね。
松山英樹が暫定首位での第一ラウンド発進です。
しかし今週と先週もですがどこもかしこも天候が悪いんですね。
この日もサスペンデッドで翌日持越しのようです。

松山英樹はこの大会、昨年2位。
この日の松山は8バーディ・2ボギーの“65”をマークしてホールアウトしました。
通算6アンダーは暫定ですが首位タイです。

圧巻は名物ホールの16番。
このホールはぐるりとスタンド囲まれた名物ホール!
ここでピン奥2メートルにつけるとギャラリーから大歓声で、しかもしっかりと決めてバーディー。

しっかりとギャラリーも味方につけましたね。

17番パー4では1オンに成功してここもバーディー。

明日以降がすごく楽しみになってきました。

松山英樹フェニックス・オープンbyスコッツデール第二ラウンドの結果

さて第日目です。
本日は昨日の第一ラウンドの残りと第二ラウンドを行いましたが、一部の選手がホールアウトできなかったようです。
毎週こういうことがあるのはなぜか考えてみたのですが、出場選手が多すぎて消化できないのではないかとも考えてしまいます。

まあそれは置いといて
第二ラウンドの松山英樹は4バーディー、3ボギーの70で回り、通算7アンダーで暫定ですが4位です。
首位とは3打差ですが、まずまずの好位置でしょう。
これで決勝ラウンドに進めたわけです。

一方の石川遼君ですが、こちらはちょっと重症です。
内容はてんでダメでした。
第一ラウンドの残りを消化したのですが、その時点で通算2アンダーの30位で第二ラウンドの突入。
その第二ラウンドが大荒れで、77の大たたきで通算4オーバーで予選通過は絶望的というか望みなくなってしまいました。

どうしたんでしょうか?

ちょっと休んで調整したほうがいいのではないかと思うのですが、これってかなりの重症ですよね。

まあ松山プロはいい位置にいますから明日からのプレーに期待しましょう。

松山英樹フェニックス・オープンbyスコッツデール第三ラウンドの結果

松山英樹プロは今日は最高のラウンドで10アンダーまで伸ばしましたね。
今日は14番でチップインバーディーを含むスコアを3つ伸ばしました。
これが本来の実力と確信したいです。

さて明日は3打差をひっくり返せるかどうかに注目です。

何とか優勝して欲しいですね。

松山英樹フェニックス・オープンbyスコッツデールファイナルラウンドの結果

祝 優勝!!

やってくれましたね。松山君!
リッキーファウラーとのプレーオフを制して見事優勝です。

振り返るとやはり17番がキーで下ね。
決勝ラウンドでの17番でのティーグランドに立った時点ではここで2打差ですよ~~
この1ホールがファウラーには鬼門でしたね。

tpc17

このホールファウラーがティーショットでワンオン狙ってドライバーを振り切った!
飛びすぎたんだなあ・・
転がって奥の池に・・・
第3打も寄せきれずにここをファウラーは痛恨のボギー!

松山はグリーン手前に刻んだ第二打をきちんと寄せてここをバーディー。
これはいい選択でしたね。
元々ドライバーショットというのは止まらない!
グリーン手前から運んでのことによってはグリーを突き抜けて転がっていくものですよね~
こういうシーンっていくらも見たなあ・・

それと以前青木功プロがマスターズや全米オープンなどで開設するときによく言ってた言葉をもいだすなあ・

「2打差なんてバーディー、ボギーで入れ替わるもんさ」

これをそのまんま行った感じがする!

プレーオフは4ホールにまたがってまたも17番。
ファウラーはこの17番のみにやられた感じがする。
プレーオフの4ホール目の17番でまたもファウラーは池ポチャ。
松山はパーでここで決着。

松山英樹プロは今度の春のマスターズにがぜん期待がかかる内容ですね。

何はともあれ日本人選手が優勝するというのは気持ちがいいものです。

しかし試合が居のことですがこのツアーで動員した観客数が61万人だそうですよ~~
新記録更新だそうです。

そんなお客さんどうやってはいるんでしょう?
全く以てアメリカというお国はすごいですね!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る