ソニーオープンインハワイでの石川遼くんの名場面と空回りした意識との差!

本日決勝ラウンドが行われて「ファビアン・ゴメス」がプレーオフでブラント・スネデカーを破って決着した

「2016年ソニー・オープンインハワイ」

このソニーオープンでの日本人選手の中で、一番前評判もよくって、しかも一番記事数も多かったのが

「石川遼プロ」

ですね。
そして一番記事数が少なかったのが、三日目終了して11アンダーで6位につけた

「片岡大育」プロだと思います。

スポンサーリンク

特に片岡プロの記事なんてヤフーのスポーツサイトではあんまし見なかったなあ・・
って言うことは眼中になかった?
そんなことないよね・・まさかね。

でも一番多かったのは石川遼プロだったことは確実だったと思います。
その辺を少しまとめてみました。

1月15日のこの記事はう~~んだったなあ・。

「石川遼ドライバー打ちすぎの声に揺らいでいる!」

これねえ・
確かにゴルフの醍醐味はドライバーであって魅せるなら格好のパフォーマンスではあるが・・

昨年からドライバー、マン振りしてるような気がしていたんだけど、結局ドライバーが曲がると全部曲がるよね。
うまく行けばそれも結果オーライでも、結果オーライって実力で無い気がするんだなあ・・

一流のプロはそこに球をおくのは必念でないといけないわけよね。

1月15日初日には3アンダーで初日フィニッシュ

この日は見せてくれましたね。
9番のロングでは2オンでバーディー
10番のパー4ではチップインイーグルでトータル3アンダーです。

この位置なら大崩れしないうちは予選突破も硬いかな?
そう思った火でした。(自分の感想です)

石川遼くんのこの日の感想は

「ドライバーが荒れなかったので何とか・・・」

ちょっと頼りないなあ・・なんて思ったなあ・

スポンサーリンク

1月16日ソニーオープン2日目の石川遼くん

この日の石川遼くんのスコアは70でホールアウト。
3バーディー3ボギーのイーブンです。

この日は最初からイマイチでした。
12番でセカンドをグリーに載せられずに、しかもピンに寄せられずにボギー先行!

2番では3パットもやってますし、全くちぐはぐでしたね。

まあ結果ですがこの3アンダーというスコアで予選通過ということになるわけです。
がしかし順位はこれでも66位というカットライン上で何とか・・

そういう予選通過!

できればもっと上位で通過して欲しいですが、でもこれがすべてですね。

1月17日ソニーオープン3日目の石川遼くん

この日は最悪の石川遼くん
池ポチャだよ~~~

ショットは悉く左に曲がる最悪の状態で、何でこうなる?
最悪は2番でティーショットを池ポチャ!

コメントは

「いいショットが出ても続かない。しっくりした打ち方ができない」

ということのようです。
それと

「バーディーがくる気がしない!」

石川遼くんのこれが現状なのかもしれませんね。
この日スコアを伸ばせずにセカンドカットに引っかかり、あえなく決勝ラウンドに進むことはできませんでした。

★キャロウェイゴルフ BIG BERTHA ALPHA ドライバー価格比較はこちら★

石川遼くんのソニーオープンのまとめ

色んな記事タイトルから見て取れる今回の大会ですがまとめてみました。

以下記事タイトルからの引用です。

遼、池ポチャ!最終日に進めず

遼、無念 最終日へ進めず 「ぜんぜんバーディの雰囲気がない」

石川遼は2016年初戦でセカンドカット 課題のフェアウェイウッドも不発

石川遼スコア落とし3日目終了!

遼、初の予選通過も苦しいラウンド、「非常に難しく感じた」

石川遼、2日目は伸ばせずホールアウト 岩田寛も苦戦写真

遼、新年初戦10番でイーグル!

遼まずまず4差 16年初戦“鬼門”ハワイで初アンダーパー発進

遼、4差発進「ドライバー荒れなかったので、なんとか」/米男子

石川遼「ドライバー打ち過ぎ」の声に「揺らいでる」

他多数!!

こんな感じの記事タイトルですが、スポーツサイトではとにかく圧倒的本数の石川遼くんの記事です。
そのほかにも右脳と左脳のトレーニングとかボールの契約をキャロウェイと交わした云々の記事も。

石川遼くんの記事って読まれるんでしょうね。

でもやはりゴルファーは勝って何ぼの世界ですから、実力がなければいずれ忘れ去られます。
そうなるとは思いませんが、やはりこれは記事数で見せるのではなくプレーで結果で見せてほしいよね。

多分殆どのゴルフファンはそう思ってると思う!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る