まさかの池田勇太のHSBC棄権・辞退にプロとしてどうなの?

池田勇太が11月5日開催の「WGC―HSBCチャンピオンズ」の出場を辞退したというニュースが報じられました。

皆さんどう思いますか?

スポンサーリンク

私はその記事の解説に書かれているとおりだと思います。

プロである以上は賞金云々よりも少しでもレベルの高い位置で、自分の実力が通じるかどうかは別にして、勝負するべきだと思います。

この「WGC―HSBCチャンピオンズ」は予選落ちがない選ばれたプロでしか出場できないメジャー選手権です。

しかもこの出場資格は10月26日時点での日本ツアー賞金ランク上位の2人という規定です。

今回池田勇太が棄権のために3位の小平智が出場することになるようですが、小平にしてみれば大きなチャンスですよね。

日本のプロとしては後は松山英樹と岩田寛も出場します。

今ゴルフ界の基準というのは日本のランキングは通用しないようです。

すべて共通のワールドランキングつまり

「WR」

ということになってます。

このワールドクラスのメジャー選手権のHSBCに優勝すると68ポイント。記事にはこういうことも書いてます。

同じ週の「平和PGM」に優勝しても68ポイント。

まあ優勝しやすいですわな。

鬼のいぬまに・・まさか・・

スポンサーリンク

池田勇太プロまさかHSBC出場棄権して「平和PGM」に出場する?

まさか・・・

それだったら本当にゴルファーとして、勝負師としてちょっと見方変わってくるよなあ。

今のランキングで池田勇太はWR88位です。

このままでは来年のマスターズは無理っぽい感じがします。

もし仮にHSBCで優勝したら一気にランクアップで30位前後も見えてくるとは書いてますが、チョトそれは現実的でないかもしれません。

もしかしたら賞金ランク1位の金がいない間に少しでも差をつめておいて後半巻き返して賞金王。

賞金王を手中にすればマスターズから招待状が来る!

確かにそういったしなりもかけるなあ・・

などと勝手に自分で考えてみましたが真実は本人しかわかりません。

しかしゴルフ界というのは松山英樹プロの活躍でメジャーが本当に身近になったような気がします。

後に続くプロがいないとやっぱし困るよなあ・

しかも池田プロの場合は選手会長だし。

より次元の高いステージで日本人のゴルフプロして誇りを持って負けても悔いない勝負をしてほしいなあと思います。

ちょっと皆さんのなかでも見方変わる方多いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る