2015年ゴルフブリヂストンオープンは例年通り袖ヶ浦カンツリークラブで開催

2015年ゴルフブリヂストンオープンは例年通り袖ヶ浦カンツリークラブ袖ヶ浦コースで開催です。

日程は10月22日から4日間です。

どうやら天気もよさそうでよいコンディションが予想されます。

千葉県は晴天っぽいので千葉でゴルフやる方は週末は絶好ですね。

スポンサーリンク

袖ヶ浦カンツリークラブ袖ヶ浦コース名物は

『16番ホールの御神木』  ですね。

国内男子ツアー「ブリヂストンオープンゴルフトーナメント」は22日から4日間、千葉県の袖ヶ浦カンツリークラブ・袖ヶ浦コースで開催されます。

layout

コースレイアウトです。

先週の日本オープンで2位の池田勇太プロはこのオープンスポンサーのブリジストン契約プロでいわゆる

「ホストプロ」 です。

先週の雪辱なるか注目ですね。

何しろ先週の表彰式でのあの下を見ての悔しさオーラは見てるほうもチョトかわいそうになってしまいました。

今週は帰するものがあるでしょう。

いいプレー期待していますよ。

image005

袖ヶ浦カンツリークラブ・袖ヶ浦コースの名物は16番ホール

さてこの袖ヶ浦カンツリークラブ・袖ヶ浦コースはもう何度もブリジストンオープンが開催されているのでおなじみだと思うのですが名物ホールは16番です。

左ドッグレッグのロングホール。

当日は何ヤードの設定かはまだわかりませんが、一応BT541ヤードとあります。

ここの『16番ホールの御神木』ですが、これが鬼門のようでこれもおなじみです。

この3本の木がちょうどティーショットの落下地点になるというから厄介な存在になるようです。

一説にはここに打ち込むとバチがあたる??

ただチャンスホールでもあるようです。

ティーショットがいいところに打てば要は2オンが十分に可能なホール!

スポンサーリンク

袖ヶ浦カンツリークラブ・袖ヶ浦コースの特徴は目がきつい高麗グリーン

後ここの特徴は高麗グリーンです。

チョト珍しいのですが、高麗グリーンはその芝の特性上目がきついのです。

要は根が立っている・・芝の葉が硬いのです。

たとえが悪いですがスポーツ刈りの頭の方の髪の毛がふさふさでなくって、太い髪の毛でバリバリみたいな感じ(笑・・

根が立ってるので踏んでみると、これがまた芝生って感じなんです。

私が住んでる宮城県では年に一度は行きますが,宮城カントリークラブ(涌谷)が2グリーンですが片方が高麗です。

目がきつくって方向が定めにくいです。

カップの手前でキュッと曲がります

高麗芝は冬になると枯れます。

しかし根がそのままです。葉が枯れるだけですが、しかしはもそのままで色が枯れっぱ見たいになる感じかな。

今の時期は千葉ならまだ青くてきれいでしょう!

しかしながら・・

プレーヤーにとってはこの高麗グリーンは本当に厄介だと思います。

しっかり刈り込んでローラーかけていないと、グリーンが午前と午後ではまた状態が変わってくるのも高麗芝。

グリーンの整備も気を使って大変でしょうが、見てるほうはこのグリーン上の攻防は見ごたえがある言うもの!

当日の内容はその辺もじっくりと観察してみれば楽しみも増すこと請け合いです。

昨年度のチャンピオンは

「小田孔明」 プロです。

さて今週は池田勇太プロ日本オープンの雪辱と男の意地を見せるか?

もちろん小平智プロも参戦しますから、もしかしたら日本オープンの再現で最終日最終組なんてありえるかもしれませんね。

楽しみです!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る