2015年池田勇太日本オープンを戦うクラブセッティング

ツアー上位が常連の池田勇太選手ですが、実際のプロフィールや使用クラブはどうなんでしょうか?

いろいろ調べてみました。

スポンサーリンク

池田勇太選手のプロフィール

生年月日 1985年12月22日(29歳)
出身地  千葉県千葉市若葉区
身長 176cm
体重 76kg
血液型 O型
経歴 東北福祉大学卒
プロ転向 2007年11月26日
成績 優勝回数日本ツアー:13回
初優勝日本プロ(2009年)
賞金ランク最高位 日本ツアー:2位(2009年)

池田勇太選手がゴルフを始めた時期と輝かしい経歴

ゴルフを始めたのは6歳のときといいますから、今回日本オープンに2015年アマチュア選手権チャンピオンの資格で出場の金谷拓実君と同じですね。

金谷拓実君も6才だといってます。

同じように池田勇太選手は千葉学芸高校時代に日本ジュニア、世界ジュニアで優勝しています。

日本学生選手権で優勝はしていますが、日本アマ選手権での最高位は4位で優勝はなりませんでした。

その後松山英樹と同じ東北福祉大学に進学。

日本学生選手権優勝。

2007年にプロテスト合格でプロに転向。

しっかりとプロテスト受けてるんですね。

石川遼と松山英樹はプロテスト免除ですもんね。

まあ活躍自体が違うから仕方がないか。

今の金谷拓実君は今後どうなるか、この辺は注目してみたいところではあります。

ちょっと変わってるのが

「日清食品と所属契約」

になっているのでどんべえのロゴ入りウェアやサンバイザーを着用って・・

ちょっと気になってしまいます。

普通これくらいの選手ならスポーツ用品メーカーがついても良いような気がするのですが・・

まあ、これは2010年の話ですけど。

2010年にはマスターズに招待されてその時に29位という成績でした。

2013年にはジャパンゴルフツアー選手会の会長に就任しています。

賞金ランクは常に一桁ランキングに入っている文字通り日本のトッププロです。

日本でのメジャー大会は

2009年に日本プロゴルフ選手権
2014年に日本オープンを制覇しています。

2015年の今年は連覇がかかる大会ですが三日目を終了して2位という絶好の位置にいます。

スポンサーリンク

気になる池田勇太のクラブセッティング

ドライバー、アイアン含めてパター以外はブリジストンです。

気になるドライバーはブリヂストンゴルフ J815 ドライバー (ロフト9.5度) / 三菱レイヨン ディアマナ R 70(硬さSX)
★ブリヂストンゴルフ J815 ドライバー価格比較はこちら★

パターはオデッセイ ミルドコレクション #2 パター プロトタイプ

★オデッセイ ミルドコレクション #2 パター価格比較はこちら中古品★

池田勇太らしい特徴はアイアンのバックフェイスのトゥ側に、紫の文字で「勇太」と刻印されているんです。

これってなんか凄く自分らしい個性を出しているというか、こだわりを感じます。

俺専用クラブだ・・みたいなね。

飛距離ランキングで言えば288.57ヤードでぎりぎり10位にランクイン。

目立って飛ぶというほうではないようです。

これから言うとジェイソンデイのM1ドライバーの飛距離330ヤードってホンと凄い。

日本オープンでアダムスコットに50ヤード置いてかれたなんてのも納得です。

でもゴルフは飛距離ではないですから、スコア比較は飛距離ではできませんが・・

池田勇太選手のまとめ

ジュニアのときは国内ジュニア優勝
海外ジュニア優勝

東北福祉大学在籍中 全日本学生選手権優勝

2007年 プロテスト合格同時にプロ転向

国内ツアー優勝回数 13回(13勝)

国内メジャー 2勝

最高賞金ランク 2位

ジャパンゴルフツアー選手会の会長

日本のゴルフ界を牽引して行ってほしいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る