松山英樹の全米プロでのクラブセッティング!不調から復活した?

松山英樹の最近の不調の原因を考えてみました。
私は五日はメジャータイトルをとる日本人は

「松山英樹」

彼しかいないと考える一人です。

スポンサーリンク

今回の全米プロ選手権での松山英樹の順位は

「4位タイ」

終わってみればメジャー自己最高位です。
これまではマスターズの5位が最高でしたから、これは大健闘に値すると思います。

がしかしこの全米プロ選手権以前までは、マスターズこそもしや優勝?
そんな期待を持たせましたが、結果は7位。
でも日本中が期待したものでしたね~~
勿論私も…もしかしたら・・

がそのあとは・・

メモリアル、全米オープン、全英オープンは予選落ちという大失態で・・
世界ランキングも19位に後退してしまいました。

その間にあったのが下記です。

松山英樹の不調の原因を思わせる事柄のまとめ!

気になるのは下記の三つ!

1 クラブセッティング
2 リオデジャネイロオリンピックの出場問題
3 スイングなどの体調面の管理

1のクラブセッティングは

ドライバー
スリクソンZR-30 → スリクソンZ765(今年9月発売の最新モデル

アイアン
マッスルバックアイアン → ソールの広いハーフキャビティー

要はダンロップの最新モデルをおそらく使ってほしいとせがまれた?
ダンロップとしては最新モデルを松山が使うかどうかで売り上げがかなり違うでしょうから、何とか宣伝のためにも使ってほしかったんでしょうねえ~(私の推測です)

ドライバーの飛距離は300ヤードオーバー連発ですごいことになったのですが、どうやらコントロールできなかったようです。

飛距離が違えばご存知のように予定外のところから2打目を打つわけです。

アイアンのマッスルバックの特徴は、これは説明の必要がないでしょうが、点を狙っていくアイアンです。

多分・・おそらく・・キャビティーではスピンの計算ができなかった?
デッドに狙ってそこで止まる球が打てなかったのでは?

そんなことが予測できますよね!

スポンサーリンク

2のオリンピックの問題

これはJGAの特例などもあって、何ともたぶんJGA側のアプローチの凄さに悩んだのではないかと・・
本人に直接言わなくとも、親とか周辺の関係者とか、そんな予想はできますよね。
結果結論つけるのに時間がかかったのでしょうが、でも本人の出ないということはそれはそれでよかったと思います。

3のスイングなどの体調や技術面

これは年間を通してあるのではないでしょうか?
プロならその辺の自己管理は普通でしょう。

よってこの問題はさほどの比重はないかと・・

今回の全米プロ選手権では

1の問題は元に戻したようですね。
要はクラブを好調を維持してきたときのクラブにセッティングを戻したようです。

2の問題はもう知ってる通りです。
吹っ切れたのではないでしょうか?

ゴルフはメンタルのスポーツだといわれます。
私もプレーしていつも思いますね~~

気持ちがどうしてもそのショットやパットに出てしまうのは、こういう一流のプロでも同じなんだと思います。

これまでの勝負でそれは実証されてるような気がするなあ~~

ノーマンとファルドのマスターズが一番いい例かと・・

さて今後はこれで吹っ切れればどんどん行ってほしいですね。

メジャー選手権は今年すでに4大会は終了しましたが、また来年に向けて今年のツアーでいい成績を収めてほしいですよ。

今回の全米プロ選手権4位は立派!

応戦してるよ~~

*なお勝手な私の予想や意見を書かせていただいたものです。
1ファンの独り言と思ってください!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る