ジョーダンスピースのドライバーはタイトリスト915D2(9.5度)

ジョーダンスピースのドライバーはタイトリスト915D2(9.5度)です。
今年(2016年シーズン)はこのドライバーで全米オープンを戦うのでしょう。

このドライバーはいろんな最新テクノロジーを詰め込んだドライバーのようですね。
詳しくはよろしければ紹介動画をご覧ください。

スポンサーリンク

ジョーダンスピースの現在の世界ランキングは

「2位」

です。
今年の当初はランキング1位だったのですが、マスターズでのまさかの失速と、ジェイソンデイのツアー連勝であえなく陥落してしまいました。

しかしそうはいっても世界ランキングはなんといっても2位!
つい2週前の

「ディーン&デルーカ招待」でも優勝しています。

そういった意味では満を持しての今回の全米オープンだと思います。
ましてあのマスターズでの屈辱的な池ポチャから立ち直っていればどう考えても上位は行くトッププロですからね。

ジョーダンスピースのクラブ契約先と使用ドライバー

ジョーダンスピースはタイトリストの契約プロです。
バッグの中はほとんどがタイトリストのクラブで占められています。

勿論パターもタイトリストのスコッティーキャメロンブランド。
ちなみにパターは

「スコッティーキャメロン009」

です。
勿論プロトタイプです。

さてドライバーですがタイトルにあるようにタイトリストの

「915D2」

で9.5度です。
ヘッドの形状は下記の画像を参考にしてください。

915d23

915d22

915d21
(出典元:タイトリスト公式サイトより引用)

シャフトはアルディラ Rogue Black 60X です。


(出典元:タイトリスト公式サイトより引用)


(出典元:タイトリスト公式サイトより引用)


(出典元:タイトリスト公式サイトより引用)

上記はタイトリストの公式サイトでのCM動画です。
一番上の動画でジョーダンスピースがコメントしています。

ジョーダンスピースは今年の全米オープンで勝てるか?

さて注目はここでしょう。
下馬評の記事も多さでもぴか一です。

なんで?

昨年の全米オープンチャンピオンだからという理由が一番かと思いますが、それとあの衝撃的なマスターズの呪縛から、逃れられているかどうかの注目かと思います。

記事内ではそんなマスターズの悪夢は払しょくできている、という内容のようですが、なかなか気持ちの問題ですから本人にしかわからないことだと思います。
あれこれ評論するのは勝手でしょうが、ぜひ活躍してほしいですね。

ジョーダンスピースのなんでプロになったかを考えたら、そのハングリー精神を考えたらなんてことないかもしれません。

証拠に先々週の「ディーン&デルーカ招待」で優勝していますからね。

メジャーでは考えられないことが起こるのもメジャーたる所以かと思います。

昨年のダスティンジョンソンの、最終ホールの604ヤードのロングホールを2オンに成功!
そこから3パットですからねえ・・

いくらチェンバーズ・ベイが悪評でも、カップインできない、入れられなかったのはこれはショックでしょう!

今年のマスターズのジョーダンスピースほどに、悔しかったのではないかと思います。

大なり小なり悲劇って同じことのような気がします。

ショットで起きるかパットで起きるか!

ジョーダンスピース・プロフィールや使用クラブとパター他のまとめ

では今年のジョーダンスピースのプレーを期待しましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

おすすめ記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る