転職と同時に接待ゴルフは卒業したけど、ゴルフはやめない!

転職と同時に接待ゴルフは卒業したけど、ゴルフはやめないというか、それとこれは話は別な次元の問題。

散々仕事でお客さんとにゃった接待ゴルフからの解放は実際気持ち的な重圧からの解放でもあったわけです。
こっからゴルフは楽しむ時代に入る?かもしれないなあ・・

スポンサーリンク

会社を辞めた自分は、さてこれからどうしたものかと。
しかしこれだけは言えるのですが、多分仕事としてのゴルフは、多分かなりの確率で終わったな、そんな感じがしましたね。

仕事はやめたけど人生はまだまだ続く!

まずは会社辞めたは良いのですが、次の飯のくいダネをどうするかですよ。
なんか自分の人生って、いつも強制的に自分で自分を逆境におくようにできてるような気がしてならないんだよなあ〜〜

前もそうだったな。

そこで紆余曲折があったのですが、なんとか今の会社に滑り込んだわけです。
しかし入ってこれまた驚いたのですが、こんな会社もあるんだな〜〜と思った次第。

およそ製造業では信じられないことがまかり通ってるんだから。
ここには勤務時間内であるという概念がないんだな。

サービス業ってどこもこんな感じ?

まさかね。
それは良いとしてまあ収入としての給料は本当に減った。

数分の1に減った。
ワーキングプアにかなり近い金額で、ホントこれで食えていくの?

って感じだったのですが、一応計算したら何とかなりそうだということで、決めたことはあったのですが、しかしまあ私がサラリーマン始めた年よりも低いんだなあ。

それって今から36年ほども前のことなんだよね。
驚きです。

しかしそうはいってもそれが現実なので、これを受け入れていかないといけませんね。
しかしこれでは今まで通りのゴルフなんてのはできないよな~~

なんて思うことしきりでした。

スポンサーリンク

楽しむゴルフへの転換と懐具合の関係

確かにその後のゴルフの回数は激減したことは言うまでもありません。
でも回数は減っても以前の回数が半端ない回数だったことによるもので、普通のゴルフ好きの方ならこんなものでしょう。

しかもこの辺はゴルフが安いですから。
ホント5000円未満でその当時はできたんです。

こんなのバブルの時に初めて、その時代をやってきた自分には信じられないことでした。
25000円近くしていたコースが平日なら5000円ですよ~~~

が・・しかし・・まずいことに・・

最近少し上がってきましたね。
1000~2000円程度上がったようです。

食事つきが食事別になったようなイメージです。
それでも安いですよね。

さてここからは今の会社でのゴルフバージョンです。

何しろ入った時にはゴルフ人口はゼロ・・
しかし今は何人だ???

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る