松山英樹優勝のメモリアルの会場はミュアフィールドビレッジGC

松山英樹優勝のメモリアルトーナメントの開催コースは、ジャックニクラウスの「帝王の庭」ミュアフィールドビレッジGC(Muirfield Village)です。

松山英樹がPGAでん初優勝した縁起のいいコースです。
ミュアフィールドビレッジゴルフクラブのコースの写真も含めて紹介します。

スポンサーリンク

今週2016年6月2日開幕の米国男子ツアー「ザ・メモリアルトーナメント」の開催コースは

「ミュアフィールドビレッジゴルフクラブ」
です。

この大会のホストはあの

「ジャックニクラウス」

この方のプレーを見てゴルフをした世代である私は、本当に誇らしいですね。
世界歴代ゴルフのタイトルを総なめに塗り替えた方ですから。

myua5
(出典元:http://www.nicklaus.com/design/muirfieldvillage/)

メモリアルトーナメントの概要と多少の記録紹介

タイガーウッズがどうしても乗り越えることができない(今のところ)タイトルが目白押しですが、ホストがこのジャックニクラウスです。
そのタイガーウッズですが昨年(2015年)は85の最悪のスコアでの乱調でした。

今回のこのメモリアルトーナメントの顔ぶれは、超豪華です。
やはりホストがジャックニクラウスですから、さもありなんですね。

昨年は通算15アンダーで並んだデビッド・リングマースとジャスティン・ローズプレーオフの末に3ホール目でリングマースが決着をつけて優勝!

一昨年はわれらが松山英樹が初優勝を達成した記念の大会でもあります。
尚今年は岩田寛もこの大会に参戦します。

ちょっと注目したいですね。

ミュアフィールドビレッジGCってどんなコース

さてこのミュアフィールドビレッジGCってどんなコースなんでしょうか?

myua4
(出典元:http://www.nicklaus.com/design/muirfieldvillage/)

ュアフィールド・ヴィレッジ・ゴルフ・クラブ(Muirfield Village)はアメリカのオハイオ州ダブリン市内にあるゴルフ場で、このメモリアルトーナメントは一年に一度の市にとっては一大イベントです。

このコースは隣接するコロンバス市の出身でジャックニクラウスの設計によるものです。

よってこのコースは

「帝王の庭」

とも称されるようです。

スポンサーリンク

勿論この大会のホストもジャックニクラウスが努めます。
そしてホストがジャックニクラウスのために、現役のプロのトップクラスはこぞって参加するのも特徴でしょう!
皆さんニクラウスにあこがれてゴルフを始めた方も多いですからね。

尤もニクラウス自身はこの大会では1977年と1984年に優勝!

最多優勝記録はタイガーウッズの5勝で2012年のこの大会での優勝でニクラウスに並ぶPGAツアー78勝を挙げています。
(PGAツアー最多優勝記録はサムスニードの82勝です)

myua3
(出典元:http://www.nicklaus.com/design/muirfieldvillage/)

この大会の出場者は120名です。
この2週間後には全米オープンが開催されます。
そのメジャー大会の前哨戦としても意義がある大会ですね。

優勝者には3年間のPGAツアーのシード権も付与されます。
尤も優勝するような実力なら、シード権なんて関係ないようなものでしょうが、しかし精神的にはかなり違うということもあるようです。

昨年の優勝賞金は

「116万ドル」

です。すごいですね。
メジャー大会の賞金に匹敵します。

ミュアフィールドビレッジGCの簡単なコース紹介

さてコースですが、7366ヤードのパー72です。

myua2
(出典元:http://www.nicklaus.com/design/muirfieldvillage/)

このコースの特徴はウォーターハザードが多くグリーンの形状も二クラウス流に複雑なことが特徴のようですね。

myua1
(出典元:http://www.nicklaus.com/design/muirfieldvillage/)

二クラウスの設計したコースは池が巧みに、しかも程よいところに配置されていることが特徴のようです。

昨年はタイガーウッズが18番で8打を要したのはちょっと悲劇でした…
myua18
(出典元:ゴルフダイジェスト公式Pより)

タイガーは昨年この後にはどんどん調子を落としてそのまま休養に入りました。
よほど体調が悪いというか、腰が悪かったんだと思います。

最多優勝記録とメジャー最多優勝が目標でしょうが、復帰してほしいですねえ。

いずれ今週のメモリアルトーナメントは

「松山英樹」

に注目です。相性もバッチシですから!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る