小樽カントリー倶楽部の難易度ランキングはコースレート76でトップクラス

小樽カントリー倶楽部の難易度ランキングはコースレート76でトップ10内です。

小樽カントリークラブは、北海道で一番古いコースで開場は昭和3年に僅か3ホールで始まった、銭函海岸のリンクスコースです。
コース設計はあの、鹿島の杜カントリー倶楽部を設計した名匠、安田幸吉。

スポンサーリンク

北海道で一番最初に誕生したのが
「小樽カントリークラブ」 です。

日本オープンが2度開催された名門コースです。

新コースと旧コースが併設してあります。

otaru3

新コースの場所、住所は

〒047-0261 北海道小樽市銭函3-73
Tel :(0134)62-5051 (代表)
Tel :(0134)62-5050 (予約専用)
Fax :(0134)62-5666

旧コースは
〒047-0261 北海道小樽市銭函3-177
Tel :(0134)62-2511
Fax :(0134)62-2512

です。

otaru2
(出典元:小樽カントリークラブ公式サイトより引用

小樽カントリークラブと北海道のゴルフの歴史

「4月29日天長節・・中略・・銭函海岸の芝地にてゴルフをなす・・ウッドンクラブでフルに打つ快さ」

という日記があるようですが、これを書いた方は佐藤棟造という方で、北海道ではじめにゴルフをやった方のようです。

どうやらこの佐藤棟造さんがこの小樽カントリークラブにはなくてはならない方だったようです。

この日記を書いたのが昭和2年だそうです。

佐藤棟造氏は対象15年といいますから、昭和の初年に三菱鉱業小樽支店長として北海道に赴任。
赴任してすぐに札幌の円山公園で白い球を打ったという記録があるようで、この方が北海道における最初のゴルフということらしいですね。

しかし昭和初年ですか~
随分以前のことですね。

佐藤氏は北海道赴任で仕事が一段落したことを見計らって、自社の三菱ビル3階にインドア(練習場)を作りました。

そして昭和3年のの4月11日に小樽ゴルフ倶楽部を設立して発起人となります。
発起人は10名です。

このときのコースは佐藤氏が手がけた3ホールと、このインドアの練習場だけで会員は45名ということです。

しかし当時としては45名も集まったんですね。
昭和の本当のはじめですから、ゴルフってそんなにメジャーではないでしょうし、まして会員なんてとてもとても・・・の世界ではないでしょうか?

手作りのコースなのでとてもコースといえるものではなったようですが、しかしながら北海道のゴルフ場の歴史がここから始まったわけです。

佐藤棟造氏はこの小樽支店の前には長崎支店だったようですね。
そこでインドア練習場でゴルフを覚えて、日本でパブリックでは一番古い存在になった「雲仙ゴルフ場」でゴルフの面白さにはまったようです。

その好きが嵩じて長崎ゴルフクラブの計画時から参加してクラブ定款まで手がけたとありますから、ちょっとやはり半端無い方だったですね。

小樽ゴルフクラブ設立の年の5月に6ホール、9月に9ホールまで完成!

この写真すごいですね。
最初に3ホール作ったときの写真らしいですが、子供たちが見ていますよ!

otaru4
(出典元:小樽カントリークラブ公式サイトより引用

この牛が草を食べているのどかな風景も写ってるそんな時代ですねえ・・

スポンサーリンク

安田幸吉設計による18ホールの悲願の造成工事

昭和47年に18ホールの造成の計画がなって、設計を名設計家の安田幸吉氏に依頼。
48年に工事の着工を行い昭和49年に小樽ゴルフクラブ悲願の18ホールのコースが完成したわけです。

苦労したのはゴルフ用地が平坦で樹木が少なかったために各ホールの特徴をどうやって出すか?
これには腐心した言うことですね。

たしかに平坦であればあるほど、それぞれはみな同じホールに見えてしまうでしょうから、それは当然だと思います。

しかしさすが安田幸吉氏、それを今の名門コースに基本設計したんですから。

創立50周年の8月に日本プロゴルフ選手権が開催されました。
この時の優勝を争ったのが小林富士夫と中嶋常幸ですがスコアが281のタイ・スコアでプレーオフで、惜しくも中島が敗れてしまいました。

otaru2

平成11年の日本オープン終了後に米国の設計家のスクーツォを招いて、1グリーン改造などの大規模な改修工事を敢行し、難易度がさらに上がったようです。

コースレートが76でランキングで上位に食い込んでいる難コースです。
北海道のリンクスコースで歴史を感じながらプレーするのもいいですね・

小樽カントリークラブの名物ホール・難関ホール

フェアウェイ両サイドのポプラ並木がすごく綺麗です。
このポプラは北海道らしい風景でとてもいいですね。

15番から18番までがモンスター級の難コースといわれるようですが、それを紹介しようと思います。
写真がどうにも見つけられなかったので、公式サイトからの引用です。

otaru15 otaru16 otaru17 otaru18
(出典元:小樽カントリークラブ公式サイトより引用

北海道は広大な面積を有しています。
全国で一番ゴルフ場が多いのも北海道です。

その数GDOでの予約コースで177コースあります。(2005年現在)
2位は兵庫県ですが、しかし北海道というのはゴルフができる期間というのは雪が多いですから短いにもかかわらず、これだけ多いんですね。

ゴルフは盛んに行われている地域であるということがいえます、

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

おすすめ記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る