ジェイソン・デイの真っ赤なパターはセアカゴケグモのItsy-Bitsy

ジェイソン・デイの真っ赤なパターはセアカゴケグモをイメージした、テーラーメードの「スパイダーItsy-Bitsy」のプロトタイプ。

ジェイソンデイの好みは、パターにラインや装飾がないいたってシンプルなもの!
黒と赤のスパイダーでこれからも勝ち続けけること間違いなし!

スポンサーリンク

ジェイソンデイの使用するパターと言えばテーラーメードの

「スパイダー Itsy-Bitsy」

ですが、実は二本使用しているようですね。
勿論市販品とは若干変わっているプロトタイプでジェイソンデイ専用の細かい工夫がされているようです。

deiakapata
(出典元:gooニュース

第5のメジャーといわれるTPCソーグラスで開催の

「ザ・プレーヤーズ選手権」

ではこのうちの真っ赤なスパイダーで優勝しました。
上記の写真です。

松山英樹が言うように優勝するにはアプローチとパッティングがやはり違うと言ってますね。

何かを吸収したようには言ってますが、仮に吸収したとしてもそれができるかどうかが問題だとも言っています。

ここが違う!

そう思ったとしても自分にできるのか?

これですよね。
出来たらば松山英樹だって一ケタのランキングにいるわけだと思います。

いずれジェイソンデイのこの真っ赤なパターはなんか色がすごいですね。

この真っ赤なパターはマスターズトーナメントから使用しだしたということです。
ヘッドはつや消し加工がされていてコースによって赤と黒を使い分けていく方針のようです。

この赤野ヘッドのイメージはデイの生まれた故郷の国、オーストラリア原産の

「セアカコケグモ」

をイメージしているとのことです。
このクモは猛毒を持っていることでも有名です。

毒を持ってるのメスと言いますからどうにもこれも勝負事にはいいかもしれません。

スポンサーリンク

デイが使用するこの2本の

「スパイダー Itsy-Bitsy」

はクラウン部分に余計な装飾品やライン表示などがないのが特徴で、これがジェイソンデイの好みだということです。

本人曰く

「意識と視線をフェース面だけに集中させるため、余計なものを消してもらいたい」

そういう要望だったようで、したがってクラウン部分はいたってシンプルです。
スパイダー Itsy-Bitsy価格比較はこちら

世界ランキング1位を不動のものにしたジェイソンデイ

ジェイソンデイは3月の「アーノルド・パーマー招待」「WGCデルマッチプレー選手権」の連勝でジョーダンスピースを抜いて世界ランキング1位に帰り咲きました。

そして今回のザ・プレーヤーズチャンピオンシップでの優勝で予選落ちした2位のジョーダンスピース以下を大きく引き離しました。
おそらくはしばらくは世界ランキングの1位は不動なのだと思います。

それもすごいことなのですが、昨年の7月から数えて17戦中7勝という勝率です。

これはもうすごいです。
誰も歯が立たないですね。

どうしてジェイソンデイはこんなにも強い?

多分理由は下記に書いてあることだと思います。

ジェイソン・デイプロフィールとクラブセッティングとパターのまとめ

ジェイソンデイにあって松山英樹にないものがなんとなく浮かび上がってきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る