マスターズ・スピース連覇とマキロイのグランドスラムと松山英樹の優勝

2016年マスターズトーナメントが始まりましたが注目は・ジョーダン・スピースの連覇とローリー・マキロイのキャリアグランドスラムと松山英樹が優勝するかどうかという3点に絞ってみます。

今年のマスターズは混戦の様相です。下馬評はスピース優勢のようですが、マキロイも負けていないようです。

スポンサーリンク

いよいよ2016年メジャー初戦で、通称ゴルフの祭典マスターズトーナメントが始まりました。
そこで今回のマスターズでの注目点についてちょっとまとめてみましたので、これを参考にして観戦するとまた少し違った味が出ると思いますので、自分なりの考察をまとめてみました。

次の3点です。

1 ジョーダンスピースのマスターズ連覇はあるか?

2 ローリーマキロイキャリアグランドスラムを達成できるか?

3 松山英樹の日本人初メジャー制覇はあるか?

それぞれに背景などを自分なりに考えてみましたので、ちょっと書いてみます。

1 ジョーダンスピースのマスターズ連覇はあるか?

これはもし連覇となれば、これは史上4人目となります。
これまでにマスターズを連破したプレーヤーは

1965,66年の
ジャック・ニクラウス

1989,90年の
ニック・ファルド

2000,2001年の
タイガー・ウッズ

だけなんですよね。
1934年の第一回大会から数えて何回になる?
82回?かな多分。
その歴史の中でたった3人しかいないんです。
その歴史にスピースの名が刻まれるか注目してみたいところです。

2 ローリーマキロイキャリアグランドスラムを達成できるか?

これは言うまでもなくとてつもない記録です。
長い全英オープンの第一回大会が1860年ですが、そこからの長い歴史の中でこのキャリアグランドスラムを達成したプレーヤーはたったの5人です。

最もマスターズがメジャーに昇格した時代以前には、グランドスラムの対象試合がちょっと違いますから参考にはどうかとは思いますが、しかし偉大な記録であることは全く疑う余地がない記録です。

ボビージョーンズはグランドスラムを達成ししています。
尤もこの時代の4大大会は全英オープン、全米オープン、全英アマ選手権、全米アマチュア選手権です。
彼は4大大会を年間ですべて勝ってしまったプレーヤーです。

グランドスラムは彼がこの4大大会すべてを1年で勝ったことによってできた言葉というからすごいです。

スポンサーリンク

マスターズが主宰されてメジャー大会の定義が変わってアマチュア選手権の代わりにマスターズと全米プロ選手権が追加されました。

実はこのキャリアでなくってグランドスラムを達成した方がいるんですねえ・・
タイガーウッズです。

しかし彼の場合は全米オープンから始まったんですよ。
全米オープン→全英オープン→全米プロ選手権→マスターズ

4連勝です。
しかしながら年をまたいでしまったので、やはりこのグランドスラムという定義にはかからないという裁定で、粋な計らいなのですが

「タイガースラム」

と言われました。

さてそのキャリアグランドスラム達成の5人ですが下記です。

•ジーン・サラゼン
•ベン・ホーガン
•ゲーリー・プレーヤー
•ジャック・ニクラウス
•タイガー・ウッズ

特にジャックニクラウスとタイガーウッズはトリプルグランドスラムをやってのけていますから、これは恐ろしい記録です。

もしマキロイが今回このマスターズトーナメントで勝利すれば6人目という記念の年になるわけです。

3 松山英樹の日本人初メジャー制覇はあるか?

これはもう説明の必要がないですよね。
これはもう悲願ですよ~~

もし松山英樹はマスターズで勝利することがあれば日本のゴルフ界は大いに盛り上がること間違いないですよね

もしかしたらゴルフ関連の株は大いに元気になるかもしれませんし、ゴルフ人口の増加にも多いに貢献するかもしれません。

これはもう応援したいですよね。

私が今回のマスターズの見どころで推奨したい視点は上記の3点です。

あとトムワトソンがマスターズから引退するという悲しいニュースがありましたね。
ジャックニクラウスとの素晴らしい名勝負をマスターズや全英オープンや、全米オープンでも見せてくれました。
残念ですがこれも時代ですね。

あとキング・アーノルド・パーマーが名誉スターターから引退するという時代を感じさせる出来事もありました。

マスターズトーナメント・オーガスタのことは名勝負までここで完結

マスターズはこれからが佳境に入っていきます。
注目してみていきたいですね。

皆さんも楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る