2004年マスターズ名勝負・ミケルソンアーメンコーナー攻略無冠の帝王を返納

マスターズ名勝負2004年編です。

この年のマスターズではミケルソンは最終日に見事にアーメンコーナーを攻略。

そして最終ホールの18番でのグリーン上の勝負をバーディーでしめて無冠の帝王を返納した大会でした。
最強のレフティーで最強の無冠の帝王はその後もメジャーを勝ってメジャー5勝です。

スポンサーリンク

フィルミケルソンは2004年のマスターズを勝利しメジャータイトルを奪取するまでの間は

「最強のレフティー」

そして

「無冠の帝王」

「最強の2位」

などといわれていました。
こういうあだ名的な言葉って枚挙に暇がないですよね。

いつ勝ってもおかしくないこの最強のレフティーはメジャーでの2位が本当に多かったのです。

思い出すのは1999年のペインスチュワートとの全米オープン。
これも1打差で負けました。
このときの3位はタイガーウッズです。

ペイン・スチュワートとミケルソンの死闘!1999年悲願の全米オープン優勝

さてそのフィルミケルソンの2004年は圧巻でした。
まさに勝つべくして勝ったようなものだと思います。

2004年マスターズでのフィルミケルソンの戦い方

このときのミケルソンは第3ラウンドで魅せます。
この日はボギーをたたかない堅実なゴルフで前半伸ばしたスコアを後半は堅実に守るゴルフを展開!

三日目を終ってみればクリスディマルコと同じ6アンダーでトップタイの位置です。
注目のタイガーウッズは3日目終って3オーバーで20位タイでおそらく届かない位置です。

クリス・ディマルコはマスターズ初出場でこの位置なので健闘していました。
翌年のタイガーウッズとの優勝争いは見事でした。

さてその最終日ですが
勿論最終日は最終組でスタート。

ところがこの最終組ですが、ともに前半にスコアを崩してしまいます。
その為に大混戦。

誰が勝ってもいい状態に。

特に爆発したのが

「アーニー・エルス」

8番パー5でイーグル
13番パー5でイーグル
15番パー5でバーディー

この時点で2位以下に3ストローク差をつけて首位に立ったわけです。
これではミケルソンもディマルコもピンチです。

ここから4打追いつかないと優勝できないわけです。

スポンサーリンク

ミケルソンのアーメンコーナーの攻略の結果は?

ここからがミケルソンの圧巻

まず11番から始まるアーメンコーナー
マスターズで勝つためにはこのバックナインの11番からのアーメンコーナーを攻略しないと勝利の女神は微笑まないといわれています。

そんなこのアーメンコーナーをミケルソンは

12番パー3でバーディー
13番14番で連続バーディー
そして16番パー3でのぼり4メートルを沈めてバーディー

この時点でエルスを捉えます。

すごいですね。
神に祈れといわれる難ホールのアーメンコーナーを斯くもコケにしたのですから!

この時点でエルスは先にホールアウト。

そしてミケルソンは17番はパー

勝負の18番に向かうわけです。

いつでも名勝負の舞台は決まっています。
最終日、最終組、最終ホールのグリーン上です。

18番のティーショットはフェウェイを捉え2オンに成功。
そして勝負のバーディーパットは5メートル。

それを決めるわけです。
決めた瞬間全身で飛び上がって両手両足を広げたパフォーマンスは有名です。

mikeruson
(出典元:http://www.alba.co.jp/)

このときミケルソンはツアー優勝が23勝目。

これもまたすごいです。
23勝するまでメジャーに一度も勝てなかったのですから、これぞ無冠の帝王ですね。

翌年の主役はその時に最終組で回った

「クリス・ディマルコ」

タイガーウッズとの圧倒的な力と圧倒的なゴルフは自分と戦いを貫いたディマルコとの最終日の死闘は本当に名勝負でした。

タイガーウッズ・マスターズ16番の奇跡・クリス・デマルコとの力と技の勝負

フィルミケルソンのメジャー勝利のまとめ

ミケルソンはそのあとマスターズには2006年と2010年に優勝しています。

米PGAツアー通算42勝は最多勝ランキングで9位です。
現役では上にはタイガーウッズがいますがそれに次ぐ勝利数です。

全米オープンを勝利すれば念願のキャリアグランドスラムを達成しますが、できれば優勝して達成してほしいです。

フィルミケルソンは今はこうもいえると思います。

「ミスターゴルフインアメリカ」(私が勝手に言ってることです)

アメリカでは絶対的な、絶大な人気です。
ミケルソンが上位にいるだけで本当に盛り上がります。

今でも最強のレフティーであることは間違いがないですね。

マスターズトーナメント・オーガスタのことは名勝負までここで完結
マスターズの歴史から名勝負編までここで完結することはないと思いますが、結構まとめてみました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る