松山英樹の「アーノルド・パーマー招待」ベイヒルクラブ&ロッジの成績

松山英樹の「アーノルド・パーマー招待」ベイヒルクラブ&ロッジの成績を書いていこうと思います。

ベイヒルカントリークラブの紹介については記事中のリンクから当ブログ内の記事に飛びます。
王様の庭といわれるベイヒルクラブ&ロッジでどんなプレーを見せてくれるか期待しましょう!

スポンサーリンク

2016年3月17日から

「アーノルド・パーマー招待」

が王様の庭といわれるベイヒルクラブ&ロッジ開幕します。
正式名称は

「Arnold Palmer Invitational Presented by MasterCard」

というようです。

アーノルドパーマーといえば愛称は

「王様」(キング)

ですね。
対するジャックニクラウスは

「帝王」

といわれますが、まさに往年のアメリカのゴルフ界をけん引してきた二大巨匠と言えます。

このアーノルド・パーマー主催の招待試合が「アーノルド・パーマー招待」でトッププロが120人がその覇を競います。

コースの紹介は下記リンクから
ベイヒルクラブ&ロッジはアーノルド・パーマー招待開催コースで王様の庭である!

アーノルドパーマー曰

「コースを3か月クローズして全体をリシードしたんだ。近来にないぐらい素晴らしい。コミットした甲斐があった仕上がりだ」
「マスターズに近づくにつれて大変になってくるけれど、すごく良いフィールドになっている」

と言っていますが、3ヶ月クローズして・・・
並々ならぬ決意ですね。

優勝者には3年間のシード権が付与されます。
この大会で驚くことにタイガーウッズはなんと、この大会で8回も優勝しているというからすごいことですね。

昨年の覇者は

「マットエブリー」で連覇中です。
今年は3連覇がかかるということですね。

まあそうはうまくいかないでしょうから、少しは楽しませてくれると思います。

日本からは松山英樹が参戦します。
今週は岩田寛プロは出場権がないので欠場です。

松山英樹プロはそろそろ2勝目からいいところがないので、少しはかっこいいところ魅せてほしいですよね。

明日から試合の内容をここで書いてみようと思います。

松山英樹のアーノルド・パーマー招待予選第一ラウンドの結果

さて今日の第一ラウンドの松山英樹はジェイソン・デイと同組のスタートでした。

内容は5バーディー、1ボギーと1ダブルボギーの70のラウンドで27位タイの発進となったようですね。

最終ホールでまさかの池ポチャでダブルボギーを打った以外はほぼ完ぺきだったのですが、何とも惜しい結末でした。

しかもあと10センチもずれていれば問題ないラフだったようですね。
こういうのを運というのかもしれないです。

でもまだアンダーですから、まだまだこれからですよね。

首位は同組で回ったジェイソン・デイで6アンダーです。
差は4打。

まだ始まったばかりです。

松山英樹のアーノルド・パーマー招待予選第二ラウンドの結果

本日の松山英樹は4バーディ・1ボギーの

「69」

トータル5アンダーにスコアを伸ばし、16位タイという結果です。
これで決勝ラウンドに進んだわけですが、イマイチ爆発力が無いですね。

例えば65クラスのスコアで一気に・・・なんてことは・・無いか・・
マアでもこの位置はまずまずでしょう。

トップは13アンダーで一緒に回ったジェイソン・デイです。
デイは好調ですね。

アダムスコットはちょっと落ちちゃったなあ・
ちょっと今回は上位は難しいかもしれませんね。

サテ明日からは決勝ラウンド。
どんなプレーが飛び出すか・
明日もデイがトップにいるようだとほぼ独走状態?
かも・・

松山英樹のアーノルド・パーマー招待決勝ラウンドの結果

では本日の結果です。
う~~ん
なかなかチャージできないですね。
本日の松山英樹は4バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの71のラウンド。
トータル210で18位に交替です。

このダブルボギーって良く打ちますが、どうしてこうなる?
ンじゃあお前やれっていわれたって逆立ちしたってできないですが、プロの世界でダブルボギーって・・う~~んって感じがするんだなあ・・

首位はジェイソンデイで15アンダーです。
なんか完全優勝の可能性が出てきましたね。

ジョーダンスピースもそうですが、他のページに書きましたがその生い立ちの経験から何者にも動じないメンタルがあるのかもしれません。

昨日のデイのダブルボギー^を打った後の切替の話がありましたが、全てそういうことなのだと思います。

でもまだ終わっていませんから松山英樹プロには最後は少し良い所を見せて欲しいですね。

ジェイソンデイ・全米プロ選手権涙の優勝の裏に隠された感動秘話その1

松山英樹のアーノルド・パーマー招待ファイナルラウンドの結果

最終日の松山英樹プロは6バーディ、1ボギーの「67」のラウンドです。
ナイスプレーでしたね。

このスコア待ってましたよ。
自身のこのベイヒルでのベストスコアだそうですね。
これで終れるのはよかったとお思います。

ただ最終ホール18番のボギーはちょっと惜しかったですね。
でも本人はあそこは狙える距離だったのでグリーンの安全なところに落として2ぱっとのパーではいつまでたっても優勝はできないという感覚のようです。

危険な位置のピンでもあえてピンを狙っていくコントロールがないと、勝利はやってこないということなんだと思います。

まあ日本のプロに言って聞かせたい言葉のような気がします。

結局トータル11アンダーで6位というフィニッシュです。

さて優勝はなんと完全優勝の

「ジェイソンデイ」

です。
ホント初日からの完璧な4日間首位をキープした完璧な完全優勝!

すごいですね。

ジェイソンデイは今期早くも一勝です。

今年いくつ勝ちを重ねるか、その強靭なメンタルを持ってすれば4つくらいはいける?

しかしデイのショットは本当に飛ぶし、完璧です。

すごいです!

ジェイソン・デイプロフィールとクラブセッティングとパターのまとめ

ジェイソンデイのプロフィールや使用パターなどをまとめています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る