アダム・スコット、プロフィールとクラブ契約とアンカーリング禁止の契機に

アダム・スコットのプロフィールとクラブ契約と長尺パターのアンカーリング禁止の契機になったマスターズトーナメントの優勝などについて紹介します。

2013年にアダムスコットはマスターズ優勝で念願のメジャーの初優勝を達成しました。

グレッグノーマンもなしえなかった快挙です。

スポンサーリンク

オーストラリア出身でコーチはあの有名なタイガーウッズのコーチでも有名なブッチ・ハーモンです。
ブッチ・ハーモンはリッキーファウラーのコーチでもあります。

したがってタイガーウッズのスイングを指導しただけに自然とアダム・スコットもタイガーにスイングが酷似することに。

そしてついたあだ名が

「ホワイトタイガー」

だそうです。

2013年にオーストラリア人としては、あのグレッグノーマンもなしえなかった、念願のマスターズトーナメントに優勝し、初めてのメジャー優勝を達成しました。

高校はインターナショナルハイスクールだったせいもあって、日本語が少しできるようです。
親日家でも有名なゴルファーです。

14,15年の日本オープンにも出場しています。

夫人との京都旅行もされているようでとても日本が好きなことで知られています。

ただマスターズの時に話題になったのがあの長尺パターですね。
アンカーリングの議論が沸騰した原因になったようです。

その後長尺パターを含むアンカーリングの規定が今年から発効しています。
所謂アンカーリングの禁止です。

アダムスコットも現在はスコッティーキャメロンの普通のパターに変更しているようですね。

クラブ契約は

「タイトリスト」

のようです。

ちなみに使用ドライバーは915D3です。

★タイトリスト915D3価格比較はこちら★

パターもスコッティーキャメロンですので、使用するすべてが、ボールも含めてタイトリストで統一ということになります。

アダム・スコットのプロフィールとゴルフを始めたきっかけ

アダム・スコットのプロフィールか下記のようです。

生年月日 ;1980年7月16日(35歳)
出身地 :オーストラリア・アデレード
利き手 :右
プロ転向:2000年
優勝回数:欧州9 米国11 豪5 アジアン4 サンシャイン1 その他2
世界ランク最高位:1位(2014年5月)
賞金ランク最高位 :3位(米国・2006年)
平均飛距離:309ヤード
平均飛距離ランキング:6位
世界ランキング;13位

オーストラリア出身の35歳です。(2016年2月現在)
ゴルフを始めたきっかけは、やはりオーストラリアといえば有名なゴルファーは

「グレッグノーマン」

ですが、そのノーマンにあこがれてゴルフを始めたそうです。
2000年6月に大学を中退してプロに転向。

スポンサーリンク

翌年2001年の「アルフレッド・ダンヒル選手権」で初優勝を飾りました。
当初は欧州ツアーが主戦場でしたが、2004年からは活動の主体をアメリカツアーに移したようです。

この2004年のプレーヤーズ選手権で初優勝を飾ります。
この大会のコースのアメリカ・フロリダ州の「プレーヤーズ・クラブ・オブ・ソーグラス」(TPC of Sawgrass)は、アメリカで最も難しいゴルフコースの1つに数えられる随所に池が配される超難関コースです。

数々の大会で優勝を重ねるも中々メジャーには遠かったようです。

一番惜しかったのが2012年の全英オープンですが、3日目で11アンダーの首位に立つも、15番からの4連続ボギーでアーニーエルスに一歩譲って二位でした。

そしてマスターズの2013年制覇となるわけです。

そのマスターズは最終日に43歳アンヘル・カブレラと通算9アンダーで首位に並び、プレーオフに突入!
雨中でしたが、プレーオフ2ホール目で、スコットがバーディーでかわして勝利!

長尺パター使用初、オーストラリア人初となるマスターズチャンピオンが誕生したわけです。

そして自然の2014年5月19日発表の世界ランキングでタイガーウッズを抜いてはじめての

「世界ランキング1位」

を獲得することに。

2014年には日本オープンに出場しましたが、このときの賞金の全額を更新の育成のために寄付するという事前運動にも熱心な方です。

婦人はスウェーデン人の方で建築家ということのようですが、ともに親日家として知られているようですね。

したがって日本でもファンはとても多いようです。

プレースタイルは堅実!

しかしビッグドライブで果敢!

世界トップランキングですから当然ですね。

アダムスコットプロフィールのまとめ

1980年生まれの35歳で、オーストラリア出身です。
世界ランキング最高位は、グレッグノーマン以来の

「1位」

平均飛距離は309ヤードで飛距離ランキングでは6位にランク!

昨年(2015年)の日本オープンでは、そのビッグドライブで日本のトッププロを数十ヤードもオーバードライブして話題に!

レベルの違いを見せ付けたのは記憶に新しいところです。

夫人ともどもに親日家で知られています。

アメリカツアーではこれまでに11勝しています。

今絶好調で世界ランキングは

「13位」

今年も何勝かしそうな雰囲気ですね。
油の乗り切った35歳。

これからの活躍期待しましょう。
それと日本もPRして、もっともっと日本に来てプレーして欲しいですね。

アダムスコットの2016年クラブセッティングはこちら

クラブセッティングでは特にパターに注目ですね。
長尺はもう使えないので短い普通のパターに変更しました。
スコッティーキャメロンです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る