イボミ クラブセッティング・ドライバー飛距離ランクとパット貢献率

イボミ クラブセッティングに見るドライバー飛距離ランキングと平均パット数ランキングやパーセーブ率などを紹介します。

賞金女王に輝いたイボミが使用する新兵器はどんなクラブなのでしょうか?

チームホンマを紹介します・

スポンサーリンク


イ・ボミプロは説明するまでもなく昨年の賞金女王で獲得賞金額は軽く2億円オーバー!

現在の世界ランキングは18位で今年のリオデジャネイロオリンピックを目指していると本人は言っています。

オリンピックの出場規定ではランク15位以内の国では上位4人が出場できるのですが、何せ韓国は層が厚い!

おそらく世界ランキングでベストテンに最低限はいらないと、チャンスはないでしょう。

そこで彼女が考えたのが米ツアーの出場です。
米ツアーは得点が高いですから、上位に食い込めばランクアップも望めるわけですから、積極的に参加するようです。

さしあたって来週のタイ・パタヤのサイアムCC(6548ヤード、パー72)で開催される

「ホンダLPGA」

に参加するようですね。
米LPGAは現在アジアシリーズの最中です。
先週は日本人で久しぶりとなる野村敏京プロがISPSハンダ女子オーストラリア・オープンで優勝しました。

さてイボミプロが参戦するために使用するクラブセッティングを見ていきたいと思います。

*プロが使用するクラブはその時によって変更する場合がありますので違っていても了承くださいね。尚紹介は2016年2月現在です。

イ・ボミのドライバーはTOUR WORLD TW727 455 10.5°ホンマ

イボミプロの使用するドライバーはホンマの

「TOUR WORLD TW727 455 10.5°」

です。
455というくらいですからヘッド体積が455㏄だということだと思いますが、これの売りは

「浅重心で低スピンの強弾道」

です。


(ホンマ公式HPより引用しました)

文章で書いてもわかりずらいと思いますので、ホンマのプロモーションビデオがあったので張っておきます。

こちらの方がわかりやすいです。

風に負けない弾道ってすごいいいのですが、ゴルフやっていて風は大敵。
雨よりも私は嫌です。

hon727d
(ホンマ公式HPより引用しました)

この風に負けないっていう言葉にはつられそうです。(笑

新・偏肉厚設計フェースで、スイートエリアが拡大したと書いてありますが、画像見るとヘッド面が微妙に形が違っているのがわかりますが、これなんだと思います。

★ホンマ TOUR WORLD TW727 455 ドライバー価格比較はこちら ★

イ・ボミのフェアウェイウッドはTOUR WORLD TW727 FW ホンマ

イボミプロの使用するフェアウェイウッドは

「TOUR WORLD TW727 FW」

です。
ロフト角は

3番ウッド:13.5度
5番ウッド:18度

です。

コンセプトは

「飛距離重視の部分肉厚カップフェースを採用」

とあります。
特に3番ウッドは深重心で球が上がりやすくなっているようです。
それとティーショットを想定したつくりになっているという、そんな作りになっているようですね。

hon729d
(ホンマ公式HPより引用しました)

5番ウッドは高弾道をイメージした浅重心だそうです。
私もホンマの4番ウッドを使用していますが、なかなかいいですよ。

然し私の4番ウッドはパーシモンです。
もう使用している方は私の周囲では見なくなりました。

今の時代は上記のような最新モデルですね。
私は趣味のでかいですから、参考にはならないと思います。

購入するなら最新がおすすめです。

★TOUR WORLD TW727 FW価格比較はこちら★

イ・ボミのユーティリティーはTOUR WORLD TW717 UT ホンマ

イボミプロの使用するユーティリティーは

「TOUR WORLD TW717 UT」

です。
ロフト角は二種類あって

22度と25度です。

打ちやすくて飛距離も望めて、しかも球が上がりやすいとなれば使用しない手はないということで、今はこのユーティリティーが全盛のようですね。

honmautexi

世界ランキング1位のリディアコーの使用しています。

私は使用していません。
理由は?

ゴルフって基本的にアイアンとウッドでやるスポーツだからと思っているからです。
私の場合はスコアで無くて趣味の世界ですから(笑

★TOUR WORLD TW717 UT価格比較はこちら★

イ・ボミのアイアンはTOUR WORLD TW727Vn VIZARD IB85 ホンマ

イボミプロの使用するアイアンは

「TOUR WORLD TW727Vn VIZARD IB85」

です。
番手の内容は

「5番~10番」

です。

コンセプトは

「マッスル感覚のキャビティーアイアン」

紹介の動画があったので張っておきます。
文章よりはわかりやすいですね。

小ぶりなマッスルバックを思わせるような顔が特徴のようです。
アイアンは基本中の基本ですから、構えたときの顔が一番大事だと私は思います。

メーカーによってはいろんな特徴があっていいことを書いていますが、基本構えたときの印象が一番大事だと思っています。

「これ当たる感じがするなあ~~」

こういったイメージが大事かと…

★TOUR WORLD TW727Vn VIZARD IB85価格比較はこちら★

イ・ボミのウェッジはタイトリスト ボーケイデザイン SM5ウェッジ

イボミプロが使用するくぇっじは

「タイトリスト ボーケイデザイン SM5ウェッジ Sグラインド(51度、57度)」

です。
飛び系は本間で統一していますが、ウェッジだけはこだわりがあるんでしょうね。
このタイトリストのボーケイデザインは男子の世界ランキング1位のジョーダンスピース使用モデルでもあります。

使用するウェッジの角度は2種類です。

51度と57度の二本ですね。

sm5

ウェッジとパターはこだわるプロが多いようです。
イボミプロもその一人ですね。

ウェッジの名匠「ボブ・ボーケイ」氏の作品です。

さてそのウェッジを含めたパーセーブ率ですが、 昨年の順位はなんと

「1位」

です。
このリカバリーのうまさが昨年の賞金女王になった所以なのだと思います。

ウェッジはこだわってみたいですね。
これはアマチュアでも同じだと思います。

★タイトリストSM5軟鉄鍛造ウェッジ価格比較★

イ・ボミのパターはオデッセイ ホワイト・ライズ iX #1SH

イボミプロが使用するパターはオデッセイの

「ホワイト・ライズ iX #1SH」

です。
x1

x21

このパターはいわばオデッセイのピンタイプのネックとフェースインサートをオデッセイ特有のホワイトインサートにしたといえばわかりやすいと思います。

さてイボミプロが昨年の賞金女王に輝いた原動力がこのパターといっても過言ではないと思います。

確かのサンドセーブ率もさることながらパッティングの向上が真の要素だと思います。

当然ですが、年間平均パット数が

「1位です」

その前年の2014年がこのパット数ランキングでは

「16位」

このパッティングの上手さがとにかく光っています。

★オデッセイ ホワイトライズiX #1SHもしかしたら・・★

イ・ボミのボールはダンロップ スリクソン Z-STAR ボール

イボミプロが使用するボールは

「ダンロップ スリクソン Z-STAR ボール」

です。
日本のプロらしいですね。
多くのプロがタイトリストを使用する中にあって、ダンロップのボールを使用するのはいいことだと思います。

最近はキャロウェイのボールも結構な使用率に向上しているようです。

ダンロップやブリジストンも頑張ってほしいと思います。

★ダンロップ スリクソン Z-STAR ボール価格比較はこちら★

イボミクラブセッティングのまとめ

イボミプロはチームホンマの一員です。
チームホンマにはアメリカで活躍中の岩田寛プロもいます。

でもウッドとアイアンは本間でもウェッジやパターにはこだわりがあるようですね。

ウェッジはタイトリストのボーケイデザインとオデッセイのパターです。

昨年の賞金女王の要因はやはりパット。
私はそう思います。

それともう一つはパーセーブ率も一位だったことですね。
リカバリを行うウェッジと平均のパット数ランキング一位のパターの上手さ。

これではないでしょうか?

★ホンマゴルフキャップ価格比較はこちら★

今年はリオ五輪を目指しているということで積極的に海外の試合にも出るようです。

どんな活躍をするか期待してみましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る