接待ゴルフで失敗しないマナー!転職に有利な接待ゴルフ編十か条その7

接待ゴルフで失敗しないマナー!転職に有利な接待ゴルフ編十か条その7です。

社外取締役のN役員に頼まれた大手電機メーカーの課長の接待!自分ができなければ、やはりできるやつに頼むしかないんだな。

どうやら俺のことは相手には姉妹会社のゴルフ好きなやつという紹介らしい。

スポンサーリンク

次の日

まあお客さんを待たせるなんてのは言語道断なので、1時間以上前には着くようにいった。
着替えてシューズはいて準備万端でクラブハウスの入り口で待っていましたよ。

まあこういうことも大事なんですよね。
なんつっても今日はうちの社外役員のN取締役を男にしてやらないといけないわけですから・・
ほどなく例のN取締役とお客さんを乗せたN役員の車が玄関に着けたんだな。

勿論玄関にはいつもコースの係りの方が迎えるんだが、私の場合は、っていうかみなさん接待される方はそうだと思うのですが、初めてのコースなわけですから、さりげなく案内することも大事なことなんだなあ・・と・私は思ってましたし、必ず出迎えます。

一応

「おはようございます。」

これは普通なのだが・さりげなくお客さんをエスコート。
その前にあいさつを忘れずに。

「わたくしSと申します。今日一日よろしくお願いいたします。」

フロントはこちらです・・といって案内してロッカールームにも案内。
一応ハウス内の関係するようなところは案内することは忘れずに。

「Sさん何かボールとかやったほうがいいか?」

N役員がきいてきたから

「ボールは好みがありますから、こだわりがある方は必ず自分のボールは余分に持ってきているはずです。でもOBやロストになった場合は何でもいいからあればいいはずですから、ここのコースのシンボルが印刷したボールがありますから、それなら当たり障りがなくて、もしかしたらプレーした記念にもなっていいかもしれませんね」

「そうか。じゃあそれ買って渡そう・それってどれかな?」

っていうから一応3個の箱2個づつ計4個を取って渡した。

「これはN役員から渡したほうがいいですよ」
「いろいろ悪いな」
「いいえこれは私にとっては仕事ですから・・」

内心、なんで俺の仕事でもないやつ接待しないといけないんだ?
馬鹿言ってんじゃあねえ!!!
これが本音だ。

練習グリーンに案内して、再度自己紹介してこの時に相手のことは聞かないに越したことはないので、名前だけにしておくことが大事だな。

会社名とかはいう必要もないし、勿論相手のこともこっちのことも言う必要はないわけです。

ただ名前だけ自己紹介すればいいことです。

パッティンググリーンでコースの特徴となどをいろいろ説明したことは覚えています。
このコースは初めてだということでしたから。

勿論ゴルフをやりに来たので、それなりに大好きな方でした。

プレーする前はなんで俺が・・
そんな思いがあったのですが、このお二人の課長さん。(N役員に課長だと聞いていた・)

腕は100前後といっていたのですが、それよりも紳士的な方でこっちが恐縮するような方で、さすが一流企業の課長さんは違うなあ。

そう思いましたよ。

そういえばいつも私が接待するY部長のところの課長とは全く違うというか、ここはY部長が独特なのかもしれませんがね。

スポンサーリンク

このラウンドの間中は仕事の話は一切しなかったですね。
ゴルフのみの会話で楽しかったですなあ。

ハーフ終わってクラブハウスに上がっていったらN役員が出迎えて「お疲れさまでした」

お客さんも

「いや~~楽しかったよ。ここはいいコースですね・N社長」
「御気に入っていただいて光栄です。まあビールでも飲みましょう」

といって昼にビール飲んで会話して笑って・・また午後スタートした。

勿論N取締役は見送るのは当然。
スタートホールまで送ってきたのはいうまでもないこと。

今回の接待ゴルフで思うこととその後!

帰りにお礼だと言ってN役員が俺に封筒よこした。

「気持ちです。Sさん今日は本当に申し訳ない。おかげで助かったよ」
「これはいりませんよ。私もゴルフ楽しませてもらいましたから。プレー代だけで結構ですよ」
「そういうわけにはいかないから・・」

と言って無理やり私のポケットに突っ込んでよこしたんだな。
まあいいか・・と思って受け取っておいた。

この日のゴルフを今振り返ってみると、初めてのコースなのでやはりあんましうまくはいかなかったのを覚えています。

池が効いているホールが結構あるので、最初にボールを6個渡しておいたのはいいアイディアでした。

それと何十回もやっているとこの人要注意かどうかはわかるんだなあ・・
ゴルフは性格でますから、虎になる方も中にはいますからね。

しっかりと球見ていましたから、球探しもしなかったような気がします。

そのあと

勿論社長には即電話で報告した。
このお礼の件も含めてね。

その後N役員のこの接待が奏功したかどうかは別だが、この大手電機メーカーの口座を見事解説できて仕事になったそうだ。

まあこのゴルフ接待はお礼の意味もあったそうだから、もうすでに決まっていたんだと思いますが。

仕事にゴルフはつきものです。
これできるとできないとでは、雲泥の差がある時代というか私の世界でした。

今の時代はどうなんでしょうか?
もう全くそういうのは関係がない会社に勤務して10年以上たっていますからわかりませんが。

みなさんの会社ではいかがですか?

続きを読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る