松山英樹 プロフィールとクラブセッティングとドライバー飛距離ランク!

松山英樹プロのプロフィールとクラブセッティングとドライバー飛距離ランク、並びに世界ランキングと獲得賞金ランキングなどを紹介します。

使用パターやドライバーの紹介もします。(2016年2月現在)

TPCスコッツデールではプレーオフでの2勝目を挙げて絶好調です。

スポンサーリンク

松山英樹プロは「ウェイストマネジメント フェニックスオープン」で難コースのTPCスコッツデールで、リッキーファウラーとの4ホールのプレーオフを制して自身2勝目となる勝利を挙げました。

分けたのは17番の最終ラウンドでのプレーですが、それは他ページにも書いてありますが、ここのショットが分かれ目でしたね。

マスターズには2011年には大震災の年ですが、前年のアジアアマチュア選手権優勝者の資格で参戦して見事1アンダーの27位でベストアマに輝きました。

その後芳しくなかったのですが、昨年は見事に5位に入り雪辱!

さて2016年はまだ始まったばかりです。
本人の今年の目標が一勝するとことだったのですが、すでに達成してしまいました。

やはり次の目標はマスターズを含むメジャー制覇、それとオリンピックでしょうね。

松山英樹プロのプロフィールです。

松山英樹プロのプロフィールは下記です。

生年月日 :1992/02/25
プロ転向 :2013年
出身地  :愛媛県
身長   :181.0cm
国籍   :日本
体重   :77.0kg
出身校  :東北福祉大
通算勝利 :【日本 6勝】 【米国 2勝】
世界ランキング:12位
2015年賞金ランキング:15位
2015年獲得賞金額:3,758,619ドル
ドライバー平均飛距離:297ヤード
ドライバー飛距離ランキング:56位
バーディー率:5位
パープレー率:5位
ショット貢献度:5位
平均パット数:39位

1992年生まれの24歳です。(誕生日が来て)
プロ転向は2013年ですから今年で3年目です。
なんかもっと以前からやってるような印象が私はあるのですが、そんなものなんですね。
思えば2011年はアマチュアでまだ大学生で、しかも2013年だってまだ学生だったのですからね。

ものすごいモンスター級のビッグなゴルファーだったことはだれもが知ってることです。

そんな松山英樹プロですが、くしくもゴルフを始めたのは4歳。しかも石川遼プロとは同学年。

勿論アマチュア時代は石川遼君の方が注目されていたような気がします。
高校ですでに勝ちましたしね、プロの試合で・・

2011年にはマスターズに出場してローアマ(ベストアマ)での表彰!
そしてその年の「三井住友VISA太平洋マスターズ」を制して倉本昌弘、石川遼プロと並んで3人目のアマチュアでのツアー制覇!

プロ転向後の2013年は破竹の勢いでこの年に4勝してしかも賞金王で獲得賞金も2億円越えとなるルーキーでの新記録!

しかもその年に米ツアーに翌年参戦するべく米ツアーにも参戦して見事2014年のシードを獲得!

もうこうなるとスーパーマンです。
しかも参戦しての2014年に、「ザ・メモリアルトーナメント」で初優勝を成し遂げました。

2015年は未勝利もマスターズは5位と健闘。

そして世界ランクは15位前後をキープ

2016年は冒頭に書いたように「ウェイストマネジメント フェニックスオープン」でリッキーファウラーに貫禄のプレーオフ勝ち!

このプレーオフはファウラーがじりじりと追い詰められていくような印象が強かったですね。

強心臓でこれでプレーオフは4戦全勝のようですね。

ファウラーとの一戦で入れられたら入れ替えすあのパターが

「よく入るもんだな~~」

これが印象です。まあ~~すごいね!!

おっと・・プロフィールでしたね。

生まれは愛媛県ですね。
そこでゴルフの名門明徳義塾高校に進んだのですが、東北福祉大の監督に誘われて大学は東北福祉大学に。

あとはご覧のとおりです。

しかしお父さんも相当の腕前らしいですよ。
ダンロップフェニックスに出たのかどう定かでないですが、その大会会場に行ってたようです。

その時に青木功プロや中島常幸プロに会って声かけてもらったようです。
年末の特集記事に書いてましたが

「へ~~」

って思って読んでました。
ジャンボ尾崎プロとも会ったと書いてましたが、どこの大会かは忘れました。

AON全部とアマの時代に声かけてもらったわけですね。
これもまた奇遇というか、お父さんの腕前のなせる業なんですね・・・多分!

使用しているパターはお父さんからもらったものだそうです。

昨年に3本スコッティーキャメロンが作成したパターをもらったようですが、結局何試合も使用しないようでした。

hidekipatagss

練習グリーンで何度も試したようですが試合では使用しなかったようなコメントが出ていました。(昨年の後半の頃のお話です)

一本はジョーダンスピースであと一本は売りに出たとか書いてましたけど、真意のほどは私にはわかりません。

刻印が打ってあります。

スポンサーリンク

松山英樹クラブセッティングと使用クラブの特徴など

松山英樹プロのクラブセッティングは下記のようです。

ドライバー:ダンロップ スリクソン ZR-30 ドライバー (ロフト:8.5度)
フェアウェイウッド:テーラーメイド ロケットボールズ
ステージ2 フェアウェイウッド(3番15度)
ユーティリティ:本間ゴルフ TW727 ユーティリティ(19度)
アイアン:ダンロップ スリクソン Z945 アイアン(4番-PW)
ウェッジ:クリーブランド 588 RTX 2.0 プレシジョン
フォージド ウェッジ(50、56、60度)
★クリーブランド 588 RTX 2.0 プレシジョンフォージド ウェッジ50、56、60度)★
パター:スコッティキャメロン ニューポート2 GSS プロトタイプ
ボール:★ダンロップ スリクソン Z-STAR XV ボール★

上記セッティングは「ウェイストマネジメント フェニックスオープン」でのセッティングです。

皆さんこれ見て何か思いませんか?

ドライバーなのですが、もうずいぶん前のモデルなんですよね。多分2009年とかのモデルでないでしょうか?

って2008年でした。

この時って松山プロはまだ高校生でしょう。
そのころからこれ使ってるんでしょうね。
まさか中古品を購入して使ってるわけではないと思うのです。

クラブはアマの時代からダンロップに世話になっていたと、どこかで書いていたのを覚えていますが、それにしても古いモデルを丁寧に使ってるんですねえ~~

どうやらダンロップでは新モデルを何度も持っていくらしいのですが、構えた時点で気に入らないと言って球打ってもらえないらしいです・(笑

よっぽどこのドライバー気に入ってるんですね。

皆さんジョーダンスピースもタイトリストの915D4の新モデル、ジェイソン・デイもテーラーメイドのM1ドライバーやプレーオフで松山に負けたリッキーファウラーもコブラの新モデルを使用しています。

一流プロで8年前のモデル使用している一流プロっているかな?
今度調べてみます。

いずれにしてもまだ売ってますよ~~(中古品です)

★ダンロップ スリクソン ZR-30 ドライバー価格比較はこちら(中古品です)★

あと私が注目はこれ!

ユーティリティ:本間ゴルフ TW727 ユーティリティ(19度)

ホンマです。このTW727は本間の新商品(今の商品)ですよね。
何時からこれ使うようになったのかなあ?

★本間ゴルフ TW727 ユーティリティ価格比較はこちら★

正直ホンマファンとしてはうれしいです。
ホンマの発祥地は山形県です。
私は宮城県ですがやはりホンマって聞くと地元ってイメージが強いんですよね。
とてもうれしいです。

パターはスコッティキャメロンの

「ニューポート2 GSS プロトタイプ」と書いています。

これはおそらく昨年の松山英樹モデルではないかと思います。
ちょっと定かではありませんが…

元々プロトタイプというのはプロに提供する試作品のような意味合いが強いとどこかに書いていました。

要はプロに提供する新モデルの試作品のようなものですね。

だから同じものはないのだそうですが、なぜか出回っている場合があるとか??ホントなのかな?

★スコッティキャメロンニューポートGSS 価格比較はこちら★

スコッティーキャメロンのニューポート2 GSSは売ってるようですが、売り切れや、すごい高価なものなんですね。
驚きました。

上記リンクは2ではありません。ニューポートです。

一般的なスコッティーキャメロンは安価なのですが、プロ仕様ともなるとこうなるのですねえ・・
庶民感覚ではありません!が・・目の保養になるようですが・・(笑

松山英樹プロのプロフ、プレースタイルなどのまとめ

1992年生まれの24歳(2月で)
プロ転向は2013年
その年にルーキーで4勝して賞金王
さらに米ツアーのシード権も獲得!
2011年マスターズ1アンダー27位でローアマでベストアマで表彰!
2014年にメモリアルトーナメントで米ツアー初優勝!
2015年はマスターズ5位
2016年2月9日現在世界ランキング12位

プレースタイルの特徴として私が思うに上記のプロフィール欄にあるバーディー率5位というのと、パー獲得率も5位。

これって何を物語っているかというと

「ショットメーカー」

です。ショットでスコアを作っていくタイプなのではないかということです。
パーオン率が高ければバーディーパットの回数が多いわけです。

それを裏付けるのがパット貢献度ですが、なんとこの数字が

「147位」です。

逆に

「ショット貢献度」

これが5位です
明らかにショットメーカーです。
ショットの正確さが持ち味なんだと思います。

「ウェイストマネジメント フェニックスオープン」での分析データーが物語っているようです。

「ウェイストマネジメント フェニックスオープン」分析データーはこちら

今年2016年シーズンは早くも1勝しました。
さて今年何勝するか?

って気が早いですね。
まずはマスターズトーナメントを見ていきましょう。

次に全米オープン
次は全英オープン
次が全米プロ選手権

次がオリンピックです。

目白押しのゴルフのイベントですが、ゴルキチにはたまらない一年になるかと思います。

見るだけでなく自分でプレーもするべし。

よ~~し~~と気合かけて行きますよ~~~

皆さんもゴルフ場行ってくださいよ~~

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る