ゴルフのマスターズ・場所はオーガスタ、放送時間にはホーガンブリッジが!

ゴルフの祭典といえばマスターズトーナメントゴルフですよね。
毎年メジャー大会の先陣を切って4月の二週目の週末にジョージア州オーガスタGCで開催されます。

そこで偉大な下記のメジャーチャンピオンの偉業をたたえた三つの橋があるのを知ってますか?

1 ホーガンブリッジ
2 ネルソンブリッジ
3 サラゼンブリッジ

です。

それぞれのマスターズトーナメントの歴史について、記念すべき橋について紹介します。

スポンサーリンク

オーガスタはとても綺麗なコースでホールごとにそれぞれ名前がついていてとても味が深いコースでもあります。
ここではメジャー大会もさることながら、マスターズならではの名勝負の数々が刻まれています。

但しその名勝負!ただではすまないのがやはりオーガスタ!

マスターズ開催ゴルフクラブである、オーガスタ・ナショナルGCには記念の橋が3つ建設されています。
TV中継を見る時に、少し気にして見て下さいね!

名勝負を演じたぷれーやーの名前を冠した橋が三つ存在するのですが、みなさんしていましたか?
名勝負やまさかのプレーを演じた偉大なメジャーチャンピオンを祝する意味での記念の橋です。

さてその橋ですが、三つ。

1、ホーガンブリッジ

bennhoganburiji000
ベン・ホーガンが当時(1953年大会)のマスターズトーナメントで最少となる274ストロークでラウンドした実績を記念して12番ホールに建設された橋です。

ベンホーガンは偉大なゴルフプレーヤーです。
メジャーは9勝しています。

内マスターズは1951年、1953年の2度優勝しています。

勿論ゴルフ殿堂入りしています。
ツアー64勝です。

その世界一美しいスイングといわれた卓越したスイング理論は

「モダンゴルフ」で集大成されました。

2、ネルソンブリッジ

nersonburiji
バイロン・ネルソンが1937年大会で大逆転して優勝したことを記念して13番ホールに建設された橋です。12番でバーディ、13番でイーグルと最終日のバックナインは32を記録したことを記念した名誉の橋です。

バイロンネルソンはメジャー5勝。
ツアーでは52勝しています。

マスターズは1937年と1942年の2回優勝しています。

3、サラゼンブリッジ

sarazenburiji
マスターズを不動のトーナメントにするキッカケになった1935年大会のジーン・サラゼンのダブルイーグルを記念して15番ホールに建設された橋です。

1935年の第2回マスターズ最終日15番ホール(パー5)に於いて、二打目の残り235ヤードのを4番ウッドで打って大逆転優勝に繋がるまさかのアルバトロス(ダブルイーグル)を達成した記念の橋です・

そのサラゼンのコメントですが、

「ショットそのものよりも、このショットを打つために費やした膨大な練習量を誇りに思う」

う~~ん・・意味深いですが、この気持ちを今の日本のプロも十分に感じ取って欲しいなあ・・と思う次第です。

どのホールを見ても特徴的なオーガスタナショナルクラブ!

1番から18番まで、どのホールを見ても最高に絵になる綺麗なコースですよね。!!!

毎年このゴルフの祭典、マスターズのテレビ放送時間に映し出される美しいコース内の草花、風景、建造物に見とれるのは何もゴルフファンだけではなく、たまたま回したチャンネルでマスターズやっていた・・何これ綺麗!

なんて偶然にチャンネルを合わせてしまった人も魅了してしまうほどの美しいゴルフコース。

勿論その感想を誰もが感じるのが、オーガスタ・ナショナルGCです。

さぁ、もうすぐだ!!!

マスターズトーナメント・オーガスタのことは名勝負までここで完結

マスターズの歴史から名勝負編までの紹介です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る