ヒュンダイトーナメント オブ チャンピオンズで2016年も開幕したPGAゴルフ

ヒュンダイトーナメント オブ チャンピオンズで2016年も開幕したPGAゴルフですが、昨年の優勝者のみの大会でオープントーナメントにふさわしい企画だと思います。

さてその中でも私が注目なのは「デービス・ラブ3世」です。

こういった懐かしい名前を聞くと元気が出てくるんですよ。しかもきちんと昨年1勝していますからね。

スポンサーリンク

今年も米男子ゴルフツアーの今年初戦「現代自動車チャンピオンズ」が2016年1月7日から4日間の予定で開催されます。

しかしこの2016年のオープニングトーナメントの

「ヒュンダイ・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」

ですが、前年度の優勝者であることという条件が課されています。

今年の出場者は32人です。
世界ランキング1位のジョーダンスピースや2位のジェイソンデイなども参加するようなのでいよいよここからランキングをかけた戦いが始まるということですね。

勝手論ですがこの32人の中で注目の選手は?

私はざっと見たときにこの方です。

「デービス・ラブ3世」

いや~~昨年ウィンダム選手権で優勝したんですよね。

デービス・ラブ3世は1964年生まれですからすでに51歳。
今年52歳です。

シニアの年代です。
この年代でも22歳のスピースと一緒にトーナメントに出るっていうのはすごいことだと思います。

同年代ではもうなくなりましたが私の大好きなペインスチュワートや、リージャンセンや、ちょっと上ですがトムレーマンなどでしょうか。

私がゴルフ始めたときのBSでよく出ていたメンバーです。

頑張ってほしいなあ。

スポンサーリンク

開催コースはハワイマウイ島の一大リゾート「プランテーションC at カパルア」

その開催コースは、

「プランテーションC at カパルア」

ハワイマウイ島にある一大リゾートコースです。

kapaluaplantation1

特徴は?

一口に言ってきれいですねえ。
勿論言ったことはありません。
写真での話です。

それと自然をそのままに生かした、特に西マウイ山脈の大自然を生かしたレイアウトは圧巻ということのようですね。

丘陵遅滞としての高低差も抜群で、リンクス特有の風が強くプレー自体は簡単ではないようです。

ところで口コミで見たのですが、個々のレストランはゴルフ客だけでなく一般の観光客にも人気のようですよ。

私はハワイには娘の結婚式で行ったのですが、こういうところにはいかなかったなあ。

知ってれば・・・なんて思ってはみたものの実際はいけなかったでしょう。

もしハワイをりょくする方がいらっしゃれば、マウイ島に行く機会があれば個々のレストランでのサンセットを眺めながらの夕食はとてもおすすめという口コミでした。

このリゾート内にはレストランがなんと4つもあるようです。

それぞれに食材などに特徴があるようですので行く前にしっかりウォッチすることですよね。

このコースですが設計したのはベン・クレンショーとビル・クーアということです。

ベンくれんショーといえばマスターズで確か2勝しています。昨年だっけか・マスターズでのお別れをしたプレーヤーです。

ジャックにクラウスと同じ40年連続出場でしたよね。
素晴らしいプレーヤーがどんどん現場を去っていきますよね・・これはちょっと悲しいです。

今回の

「ヒュンダイトーナメント オブ チャンピオンズ」

は昨年度の優勝者しか出場できない大会ですから、松山英樹や石川遼や岩田寛は出場できません。

全長は長いですねえ・

7452ヤードでパーは73。

この大会が2016年開幕戦となります。

さあ~~今年もUSPGAの開幕だ~~~

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る