松山英樹がゴルフを始めるきっかけと聞いてみたいとの記事が参考に!

「松山英樹に聞いてみたい72のこと」
という題名の記事が今日載っていました。

松山英樹に聞いてみたい72のことへのリンク
注:リンクが切れたらスイマセン。

スポンサーリンク

松山英樹がゴルフを始めるきっかけのことも載っていて興味深かったです。

これ連載のようですが、松山英樹の小さい時のことを詳しく話しています。
もしお子さんがゴルフをやられてるとしたら、こんな境遇なら・・なんて思うのかもしれないですね。

私にはもういないですが。

松山英樹は今年の2015年シーズンは勝利こそなかったですが、トップ10入り9回で獲得賞金は日本人史上最高額の約375万8619ドル(約4億5479万円)を記録しました。

まあ稼ぎましたね。

来年はリオデジャネイロでオリンピックが開催されますから、日本の代表としてすごく期待がかかるところです。

松山英樹がゴルフを始めるきっかけは?

この記事の内容だとゴルフを始めたのは4歳の時からとあります。
父と練習場に行ったときのようですね。

お父さんってすごい方なんですね。

日本アマチュア選手権に出場していたって言うから半端無い腕の持ち主ですね。
ヤッパシそういう家庭環境にあればやはり、物になるかどうかは分かりませんが、きっかけはそうなんだよなあ・・

今アマチュアで活躍、またはプロで活躍されてる方の経歴ってこういう方がホント多いですよね。

環境って大事なんですね。

スポンサーリンク

小学校二年の時に100切ったってすごいですね。
しかもちゃんとした大会らしいですから、これは正真正銘の事実ですね。
持ってる男は違う!

高校は明徳義塾でそのままプロ転向しようと思ったらしいですが、東北福祉大の阿部靖彦監督が実家の愛媛までいって、

「今のままでは並みのプロにしかなれない!」

そういって説得して東北福祉大に進学。
どうやらここがターニングポイントだったような気がします

しかしこの阿部監督、この方は松山英樹の才能を見抜いていたのではないでしょうか?
わざわざ実家まで言って進学をアドバイスするなんて信じがたいことではあります。

2010年のアジアアマチュア選手権で優勝して初のマスターズに出場!
2011年というと私が住んでるここ宮城県では最高の被害を受けた東北大震災の年でした。

このマスターズでのローアマチュア獲得では本当に元気をもらったなあ・・
まさかマスターズで・・そう思ったものですよ。

そのときのエピソードが表彰式で英語が話せない!どうしよう??

本人は勝つためにするべき準備のひとつだといっていますね。

確かに米国や奥州などの海外で活躍するならこの英語、語学力は必須でしょうね。
理解します。

大学4年当時の2013年にプロ転向して年間4勝してあっという間に賞金王に輝いたのを実際に見た時に

「こいつはものが違う!」

そう思いましたが本当に大物でしたね。(笑

そうそう・・小さい時に青木功、中島常幸、ジャンボ尾崎さんと会ってるというエピソードも披露しています。

ジャンボ尾崎さん以外は会話もしてると言うことでこういうこと見てもなんか持ってますよえ!!

なおこのお話はシリーズのようなので続編があるようです。

来年2016シーズンはメジャー制覇見たいですねえ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る