ゴルフ米国LPGAの来期の賞金総額は5310万ドル史上最高額で一番喜ぶのは?

ゴルフ米国LPGAの来期の賞金総額は5310万ドル史上最高額で一番喜ぶのは誰でしょうか?

勿論一番喜ぶのは賞金女王になったプロです。今年はリディア・コープロですね。

朴仁妃プロが二位で続きます。ともにツアーでは5勝しています。

スポンサーリンク

なぬ・・・賞金総額5310万ドル、日本円で75億7000万円?と思ったらアメリカのLPGAの来期の賞金総額だそうで・・

すごいですね。

ツアー開催数が33試合だそうです。

これは日本のLPGAと大体同じですが、この賞金総額は半端無いですね。

1試合あたり何ぼ?

2億円を優に突破します。

すごい金額で驚きです。

試合数は33試合なのですがそれは今年から2試合増えると言うことですね。

アメリカの女子ツアーは何でこんなに景気がいいのか考えてみる

そういえばアメリカって今経済も絶好調ですよね。

金融緩和の手を緩めて今度はいつドル金利を上げるかという議論の真っ最中です。

FRBのイエレン議長の発言に世界中が注目していますがどうやらもうそれは規定路線のようです。

そうした中でのLPGAのこの好調ぶりはやはり経済の好調を裏付けていると思います。

来期の賞金総額の5310万ドルは今年よりも400万ドル多いそうです。

この賞金総額は日本の約倍の金額で比較にならないですね。

日本の男子プロのツアーももうとっくに負けてます。

スポンサーリンク

来期2試合増えた大会はミシガン州で開催される「LPGA Volvik選手権」と、今年開催中止となった中国での試合が加わると言うことですね。

北米での試合数は33試合中22試合となるようです。

あとの11試合は前述の中国であったりアジアの国であったりメキシコであったりするわけです。

世界中を転戦してゴルフを普及させようとするLPGAの目論見ですね・

それと驚きなのが生放送の割合です。

以前は録画が大半で年間200時間の放送で6割が録画だったのですが、現在は400時間と放送時間が倍増してしかもその92パーセントが生放送になったという事実です。

これもLPGAの人気の裏づけではないかと思うわけです。

しかし日本とのLPGAと同じで米国でも韓国選手の台頭が著しいです。

世界ランキングを見るとなんと20位までの間に韓国のプロが2015年12月2日現在で9人入ってます。
なんと約半分ではないですか!!

これは驚きです。

2016年米国女子LPGAツアーの見どころ

さてこのLPGAで日本人選手がどのくらい活躍できるでしょうか?
期待はやはり

「宮里美香プロ

ですよね。

それとやはり今は不調ですが、まだまだ終る人ではありません。

「宮里藍プロ」

応援していますよ。
日本を出て世界で活躍するプロとして自信を持ってプレーして欲しいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る